2013年5月13日月曜日

Zen-Wax 試作2回目

去年ワンフェスで買ったzen-waxを久しぶりに弄ってみました。


ワックスポットに入れて溶解中


























粘土状になる所まで温度を下げてから適当にちぎった固まりをワックスペンで溶かしながらくっつけて行きます。









一時間半
溶かしたワックスを盛り上げるのと違い短時間でここまで来た。
ただ、作ってるモチーフに特に拘りが無くバランスとかも気にしてないからこの速さなんだよな、、







二時間
彫刻刀で形出し。
彫刻刀にこびり付くのが煩わしい。











三時間
ウロコとか角を彫ってみる。
モールドは素直に彫れるしそこそこ強度もある感じ。














一日あれば頭位は仕上がりそうだけど、どうせ溶かしちゃうんでここで終了。

気温26℃でこの粘りは個人的に厳しいものがあります。エアコン入れるなり冷却スプレー使うなりすれば解決するのは分かってるけどそこにコスト掛けるのもな〜
あと、今回の使い方は「暖めると粘土の様に扱える」って言う特性をまったく活かせてない気がする。こんな感じだったら温度調節次第ではハードワッックスでも同じ事が出来るだろうし粘り問題も無いし、、
今まで使って来たwaxは単価がかなり高かったのでzen-waxの値段はかなり魅力的なんですけどね、、行き着く先はwax調合しか無いのかなぁ。